とある真夏日の早朝 (To Aru Manatsubi no Souchou)

from by 葉緑体クラブ (Youryokutai Club)

/

lyrics

「とある真夏日の早朝」

鮮明だ不鮮明だ
そんなことはどうだっていい
いつの間にか追い抜いてしまったのです

とても暑い日のことをさ
思い出せば思い出したら
地球はそう 何百回も回った

何をすれば 何をしても
何もしない 何だってするよ
いつの間にか追い抜いてしまったこと

忘れないで 忘れないよ
そんなことは言ったことない
だけどいつまでも覚えているんだよ

行き先だけ伝えて
行き先だけ伝えてくれ

嗅ぎ慣れないそのにおいに
総てはもう流れ落ちて
追いつけない放り投げた意識

悲しみはね 君の頬を通り過ぎて
空洞をつくる
分かりすぎた 分かりすぎた答え

行き先だけ伝えて
手の届かない
目の届かない
いつも囚われたいよ

そこで待っててくれ

-----------------------------------------

"To Aru Manatsubi no Souchou"
(An early mid-summer morning)

It’s still vivid, yet unclear,
but that doesn’t really matter.
Before I knew, it was over.

On very hot days
if I try to remember, if I happen to...
yes, the world was spinning.

Thinking what I should do, try to do.
Doing nothing, but what can you,
when something’s already over.

"Please, don’t forget." "I won’t."
Things we couldn’t ever say.
But I’ll always remember.

Just tell me where you’re going.
Please, tell me where you’re going.

A smell I’ll never get used to
washing everything away.
Unable to catch up to my senses.

Sorrow, tears rolling down cheeks,
a hole left in the heart.
It’s an answer too easy to understand.

Just tell me where you’re going.
Although I can’t reach you,
Although I can’t see you,
I want you always in my heart.

Please wait there for me.

credits

tags

license

all rights reserved

about

葉緑体クラブ (Youryokutai Club) Sapporo, Japan

なんとなく動物好きなメンバーが送る、音数少なめバンド。
路地裏の角を曲がったら現れる異世界に迷い込んでほしい。3人います。

contact / help

Contact 葉緑体クラブ (Youryokutai Club)

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Redeem code